レンタカーの利用方法知ってスムーズにレンタル

疾走感

違いを理解する

車を購入することで、いつでも車を使用することができます。
購入以外にも、車を使用できる方法はあります。それが、カーシェアリングとレンタカーです。
カーシェアリングとレンタカーは、どちらも車を提供しているサービスですが、それぞれ違いがあります。
その違いを理解することで、上手に活用することができます。

カーシェアリングとレンタカーの違いの1つとして挙げられるのが、料金設定です。
カーシェアリングの場合は、15分単位で設定されていることが多いです。プラン内容や、使用する会社によっても違いますが、15分200円の料金が目安となります。
それに対してレンタカーは、6時間、12時間、24時間という時間で設定されていることが多いです。レンタカーの料金の目安は、6時間で2,500円程度です。

レンタカーの場合は、使いたい日時から、返却する日時までのレンタルしている間の料金が発生している状態です。
しかし、カーシェアリングの場合は、初期費用と利用時間の料金に加えて、月額利用料を支払う必要があります。
月額利用料を支払う必要が無いプランもあるのですが、その場合は、利用時間の料金が高くなる傾向があります。
レンタカーの場合は、毎月支払う料金は無いので、この部分は大きな違いになります。
これを考慮すると、カーシェアリングの方が金額が高いと思う人もいますが、カーシェアリングの場合は、ガソリン代を支払う必要はありません。
レンタカーは返却する時に、燃料満タンに返すのが基本ですが、カーシェアリングの場合は、車の備え付けられてあるガソリンカードで指定のスタンドで給油するのが一般的です。